• 家具

地震対策は出来ていますか?家具の配置と転倒防止を考えよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本では大地震が何度も起きており、過去には東京や阪神・淡路大震災、近い記憶では東北や九州で大きな地震が発生し、多くの犠牲者を出して建物もほとんどが倒壊しました。このように日本ではいつ大きな地震がどこで起きるか全く予測がつきませんので、各家庭でも地震への備えは必須と言えるでしょう。

特に家具については備えや配置を考えないと、地震があった時に倒れてしまうと逃げ道を塞いでしまったり、下敷きになって大変な事になる可能性があります。そのため、地震対策で水や食料だけでなく、家具が倒れて逃げ道を塞いだりしないように普段から家具の配置もしっかりと考慮しなければなりません。今回は地震が起きた時に避難経路を確保した家具の配置や、家具を固定する事での地震対策についてご紹介します。もし、急に大地震が来た時に家具が倒れても家の外へ脱出できる逃げ道がなければ、最悪の場合は命にも関わりなりかねませんので、しっかりと検討をしましょう。

1.地震が起きる事を想定しての家具の配置について

地震はいつどこで起きるか分かりませんので、もしかすると夜寝ている時に突然おきる可能性もあります。いずれにせよ地震大国である日本で地震に対する備えは各家庭で必須であり、大事な家族が生き延びるためにも真剣に地震対策を考えなければなりません。特に避けたいのが家の中にいる時に大きな地震が発生した際に家具による負傷や逃げ道が塞がれてしまうと、避難もできませんし生存率にも大きく影響を与えます。

1-1.倒れてくる家具の危険性と倒れた家具の危険性

家具と言っても様々な家具があります。タンスから食器棚、テーブル、本棚といった様々な家具がありますが、これらの家具をインテリアとして真剣に考える人はとても多くいます。しかし、地震が起きたときの事も想定している人はむしろ少ないのではないでしょうか。

例えば玄関に繋がる道が一つしかない場合、その通り道に固定されていないタンスや食器棚があった場合、これで地震が起きればどうなるでしょうか?考えられる事として、家の外へ逃げようとした瞬間にタンス・食器棚が倒れて下敷きになる、またタンス・食器棚が玄関に繋がる道を塞いでしまい、家の外へ避難できない状態になったらどうなるでしょうか?また、食器棚のガラスや中に入っている食器やコップが割れて床に散乱した時の事も考えると、基本的に逃げ道を塞いでしまう原因となる大型の家具は逃げ道の途中に配置するのはオススメ出来ません。インテリアともしもの時への事態の想定、どちらが本当に大事なのかはもうお分かりいただけたかと思います。

1-2.家具の配置は地震で倒れた時も想定する事

普段からいるリビングに家具を配置する場合、次のような点について考えながら家具を配置していきましょう。

・背の高い家具を配置する時は倒れた時に家の外に出るための避難経路を塞いでしまわないか?

・人が集まるスペースや寝室のベッドへ倒れてくるような場所に背の高い家具を配置していないか?

・ガラス製の家具や食器類、物を多く閉まっている収納棚は倒れた時に避難経路を塞いでしまわないか?

家具の配置については以上の点についても考えて見ましょう。インテリアにこだわるのは結構ですが、地震が起きた時に家具が倒れた時の事も考えた配置にしなければいざというときに逃げられなくなります。もし避難経路を塞ぎそうな家具があったり、そうていされる場合は、家族がいる時などに協力を要請して万が一倒れても被害を小さく、避難経路を塞がない場所に家具を移動させましょう。地震が起きてからでは家具を移動させることはほぼできませんので、早めの決断が重要です。

2.地震が来る前に家具の固定をする

地震が来た時に備えて水と食料、避難先の確認も大事ですが、家具を固定しておく事も重要です。家具を固定する事で被害を抑えることができる効果が期待できますし、何よりも地震で落ちた物の後始末をする時の労力も削減できます。

2-1.家具を固定する事でロッキング移動を防ぐ

「ロッキング移動」と言う言葉はご存知でしょうか?物は地震等の揺れが発生すると前後にグラグラと動き始め、すぐに倒れるわけでなくその場から少し移動するかのように動き始めて倒れます。この地震による揺れで家具が動く事を「ロッキング移動」と呼び、倒れても安全な場所に置いていたのに、地震の揺れでまるで意思を持ったかのように移動して避難経路を塞いだりするように倒れるのです。家具を固定する事で少なくともこのロッキング移動を大きく防ぐ事ができますので、安全な場所に家具を配置したら、できればその位置に家具転倒防止用品等で固定し、移動しない、倒れないようにする事で被害を軽減する事ができます。

2-2.家具の固定方法

地震が来た時に家具を固定するグッズはホームセンターやネットショッピング等で簡単に手に入れる事が出来ます。しかも固定するグッズもとても簡単に設置、組み立てができるため、背の高い家具を固定して地震に備えましょう。

高価なアンティーク家具やお気に入りの家具にネジや金具で固定したくないと言う方もいるかもしれません。その場合はせめて地面に敷いて地震の振動を押さえるマットのような家具転倒防止用品がオススメです。お気に入りの家具にそんな事をしたくない、という考えもわかりますが、地震が来た時に倒れて壊れたり、あなたの命を脅かしてしまわないように固定をしっかりしておきましょう。

まとめ

家のインテリアを考える時に、地震が来て家具が倒れても避難経路を塞いだりしないかどうかも考えて、家具の理想的で安全な配置を考えましょう。同時に家具転倒防止用品で家具が倒れないように固定することで、もしも大きな地震が来ても家具が簡単に倒れないようにする事で、大事な家族の命を守りましょう。地震はいつ来るか分かりませんので、早めの対策は必須です。

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す

*

ページTOP